Just another WordPress site

採用を望んでいるなら転職理由はかなり慎重に考えましょう

書類選考や面接のうえで転職理由はとても重要です。相手が承知する理由でないと低い評価となってしまいます。
けれども、転職理由を聞かれても上手く答えることができない人も多いでしょう。
たいていの人が履歴書を書く時や面接の時に、困るのはこの転職理由です。前職と違う業種に転職する人もいますから、いろいろやってみればできます。
とはいえ、その際には覚悟を持つことが大切です。
もしかすると、なかなか職が決まらず、長い間に渡って、転職活動をしなければならない場合があります。
二十代は吸収が早いので、未経験者が採用されることも多いのですが、三十代になると、どうしても二十代と比べると吸収力の低さを懸念されて、採用を見送られてしまうことが多くなります。転職の際に、次の仕事を慎重に選ぶためには、それだけ時間が掛かってしまうものです。
今の仕事を辞めずに次の仕事を探す場合、仕事探しに費やすことができる時間は少なくなるでしょう。
そこで、考えに入れてほしいのが転職支援サイトの利用です。
転職サイトへ会員登録をすると、登録会員と一緒にキャリアコンサルタントと呼ばれるサポートスタッフも協力して仕事探しをサポートしてくれるのです。「35歳転職限界説」は知らない人がいないくらい有名ですよね。
これは35歳を超えると転職することができなくなるというものです。まだこんな説が出回っていますが、本当にこの説は正しいのでしょうか?結論から先にいうと、35歳転職限界説は、今では当てはまらなくなっています。今では、どの企業も生き残るために必死になっていますから、年齢だけで不採用にしている場合ではないのでしょう。



▲Pagetop